都市ガスはどのようにして安全になったのか?の要約

消費機器保安の歴史と近代化への道

 

「都市ガスはどのようにして安全になったのか?」消費機器保安の歴史と近代化への道を連載でお届けします。

 

【第1章】都市ガスの歴史と保安

1.太古から「火」は貴重な存在だった

♦連載第1回

   ①人間と火

♦連載第2回

   ②縄文時代から現代まで
   ③火の取り扱いと同時に排気の処理も必須

♦連載第3回

   ④火事など災害の問題

 

2. 都市ガスの安全対策

♦連載第四回 都市ガス中の一酸化炭素(CO)と換気の問題

♦連載第五回 都市ガス中の一酸化炭素(CO)と換気の問題(続編)

   

3. 戦後の事故多発時代から近代化へ

♦連載第六回

 

【第2章】都市ガス事業と保安の歴史

あらまし

1.世界の都市ガス事業の創業

♦連載第七回

   ①都市ガス事業の設立経緯

   ➁東京ガス初代社長渋沢栄一の思想

 

2.日本の都市ガス事業の創業

♦連載第八回

   ①石炭ガスの発明から都市ガス事業へ

   ②都市ガスの利用形態

   ③創業当時の状況

 

3.都市ガス事業の推移と保安

♦連載第九回 

   ①明治・大正・昭和初期~戦前の都市ガス事業の推移

    明示時代 大正時代

    昭和初期〜終戦

 

♦連載第十回 

   ②戦後はひたすら復興へ

   ③高度経済成長とガス事故多発の時代へ

 

♦連載第十一回 

   ④昭和から平成へ、ガス設備・機器の近代化

 

【第3章】ガス機器の黎明期

ガス灯に始まったガス機器の歴史

♦連載第十二回

   ①−1明治時代

 

【第4章】ガス機器の事故多発時代

【第5章】ガス機器事故再発防止対策

【第6章】全国的な天然ガス転換

【第7章】安全化策を講じたガス機器の近代化の実現

【第8章】マイコンメーターの開発と普及